弁護士がいるメリット

交通事故交通事故の被害者となってしまった場合、加害者側との示談交渉をしますが、加害者の過失が100%の場合、被害者側の保険会社は介入しませんので、被害者自身が示談交渉をしなければいけません。しかしなんの知識も経験もない素人が、交渉の経験豊かな保険会社の人と話し合いなどできないため、適当に応じてしまうと後から後悔するハメになります

こういう時、早い段階で弁護士に依頼しておけば、相手の保険会社との交渉もスムーズに行きますし、弁護士も交渉のプロですから、相手が提示してきた額よりも多い損害賠償を請求できる可能性が高くなります。

示談交渉といっても段階があり、手続きや段取りは必要です。弁護士に依頼すれば、手続きも実際の交渉も全て代行してくれますので、被害者が手続きに追われる心配はありません。交渉も被害者に有利になるよう進めてもらえるから、安心して任せられます。

ここで心配になるのが、弁護士に支払う費用です。高い費用がかかると、依頼したくても依頼できませんが、交通事故の場合は、着手金無料で最終的に賠償金として支払われた中から差し引くという形をとっているところも多いので、経済的な余裕がなくても初期費用などもかからず安心です。最後に弁護士を選ぶ際のポイントについて説明します。