弁護士に選びのポイント

交通事故に遭い示談交渉をすることになったら、できるだけ早く弁護士を探し弁護士に対応してもらうことをおすすめします。この時の弁護士選びのポイントを紹介します。

パソコンまず弁護士にも得意分野と不得意分野というものがあります。交通事故に詳しく、知識と経験が豊富な弁護士を探しましょう。見分けるポイントとしては、交通事故に関する本を書いている、交通事故の交渉実績が多いなどです。弁護士事務所のホームページなどでも、情報収集できます。

初回は無料相談があるので、気軽に相談できます。この時話し方がわかりやすいかどうか、丁寧に対応してくれるかどうかなどもチェックしておきます。弁護士がいればいろいろなことを自分に代わって動いてくれますが、やはり信頼できないと安心できません。敏腕弁護士と言われていても、態度が素っ気なかったり話が全くわからなかったりする人よりも、わかりやすく話をしてくれて、親身になって話を聞いてくれる弁護士の方が安心できます。

経歴なども大切ですが、人として安心できる、信頼できる弁護士を探しましょう。事故の内容にもよりますが、弁護士が介入するだけで、示談が成立しやすいこと、解決までの時間が短縮されるのもメリットです。

弁護士がいるメリット

交通事故交通事故の被害者となってしまった場合、加害者側との示談交渉をしますが、加害者の過失が100%の場合、被害者側の保険会社は介入しませんので、被害者自身が示談交渉をしなければいけません。しかしなんの知識も経験もない素人が、交渉の経験豊かな保険会社の人と話し合いなどできないため、適当に応じてしまうと後から後悔するハメになります

こういう時、早い段階で弁護士に依頼しておけば、相手の保険会社との交渉もスムーズに行きますし、弁護士も交渉のプロですから、相手が提示してきた額よりも多い損害賠償を請求できる可能性が高くなります。

示談交渉といっても段階があり、手続きや段取りは必要です。弁護士に依頼すれば、手続きも実際の交渉も全て代行してくれますので、被害者が手続きに追われる心配はありません。交渉も被害者に有利になるよう進めてもらえるから、安心して任せられます。

ここで心配になるのが、弁護士に支払う費用です。高い費用がかかると、依頼したくても依頼できませんが、交通事故の場合は、着手金無料で最終的に賠償金として支払われた中から差し引くという形をとっているところも多いので、経済的な余裕がなくても初期費用などもかからず安心です。最後に弁護士を選ぶ際のポイントについて説明します。

示談交渉は弁護士に相談

弁護士弁護士に交通事故の被害に遭ったことを相談するというと、なんとなく敷居が高くて気軽に相談できないイメージがあります。弁護士に依頼するにも報酬を支払わなければいけませんが、示談交渉をするにも弁護士が介入するのとしないのとでは、最終的に受け取れる賠償金の額は大きく変わってきます。弁護士が入ると裁判になるイメージですが、裁判をしなくても交渉だけできますので、示談交渉をする場合は、早い段階で弁護士に依頼しておくと安心です

弁護士が介入せずに示談交渉をすることもできますが、この場合事故の内容によっては、示談が成立するまでに長い時間がかかってしまうことがあります。交通事故が原因で後遺障害が残るような場合は、後遺障害認定を受けないと行けないので、それまでの間時間が必要です。交通事故による怪我で後遺障害が出るのは、事故からだいぶ時間が経ってからということも少なくありません。

最初は大丈夫と思って示談交渉に応じ、示談が成立してしまうと、後から症状が出ても、既に示談は成立してしまっているのでどうにもなりません。弁護士が介入すると、簡単に示談に応じることはありません。示談が成立しなければ裁判になるので、被害者にはさらに有利になります。

関連HP|示談交渉相談_交通事故被害者救済サイト

交通事故被害者と示談

溜息交通事故に巻き込まれ被害者となった場合、自分に過失がなければ自分が加入している保険会社は介入しませんので、加害者が加入している保険会社の担当者との示談交渉は、被害者が行うことになります。いくら相手の過失が100%だったとしても、保険会社はなんとかして、支払う保険金を少なくしようとしますから、話し合いをすると言ってもほぼ向こうのペースで、満足行く金額が提示されることは少ないでしょう。

そもそも示談とは、裁判に持ち込まず穏便に済ませましょうという、和解のための交渉ですから、被害者が納得できる内容となるべきところですが、実際はそう簡単には行かないようです。相手は何度も交通事故の示談交渉を経験しているプロですから、ここに素人が立ち向かっても相手にしてもらえないことが多いです。中には一方的に金額を提示してきて、これに応じてくださいと言われることもあります。

こういう時に示談に応じてしまうと、後から気持ちが変わっても一度示談が成立すると土にもなりません。本来もらえるはずの金額よりも少ない、雀の涙ほどの賠償金では到底納得できませんが、こうなってしまうと後の祭りです。

そうならないようにするには、示談交渉を自分ではなく、弁護士に代行してもらうのが一番です。保険会社の担当者も、弁護士には下手なことは言えませんし、交渉も被害者にとって有利な内容に進められます。早い段階で弁護士に相談し、示談交渉は全て代行してもらえば安心です。