交通事故被害者と示談

溜息交通事故に巻き込まれ被害者となった場合、自分に過失がなければ自分が加入している保険会社は介入しませんので、加害者が加入している保険会社の担当者との示談交渉は、被害者が行うことになります。いくら相手の過失が100%だったとしても、保険会社はなんとかして、支払う保険金を少なくしようとしますから、話し合いをすると言ってもほぼ向こうのペースで、満足行く金額が提示されることは少ないでしょう。

そもそも示談とは、裁判に持ち込まず穏便に済ませましょうという、和解のための交渉ですから、被害者が納得できる内容となるべきところですが、実際はそう簡単には行かないようです。相手は何度も交通事故の示談交渉を経験しているプロですから、ここに素人が立ち向かっても相手にしてもらえないことが多いです。中には一方的に金額を提示してきて、これに応じてくださいと言われることもあります。

こういう時に示談に応じてしまうと、後から気持ちが変わっても一度示談が成立すると土にもなりません。本来もらえるはずの金額よりも少ない、雀の涙ほどの賠償金では到底納得できませんが、こうなってしまうと後の祭りです。

そうならないようにするには、示談交渉を自分ではなく、弁護士に代行してもらうのが一番です。保険会社の担当者も、弁護士には下手なことは言えませんし、交渉も被害者にとって有利な内容に進められます。早い段階で弁護士に相談し、示談交渉は全て代行してもらえば安心です。