示談交渉は弁護士に相談

弁護士弁護士に交通事故の被害に遭ったことを相談するというと、なんとなく敷居が高くて気軽に相談できないイメージがあります。弁護士に依頼するにも報酬を支払わなければいけませんが、示談交渉をするにも弁護士が介入するのとしないのとでは、最終的に受け取れる賠償金の額は大きく変わってきます。弁護士が入ると裁判になるイメージですが、裁判をしなくても交渉だけできますので、示談交渉をする場合は、早い段階で弁護士に依頼しておくと安心です

弁護士が介入せずに示談交渉をすることもできますが、この場合事故の内容によっては、示談が成立するまでに長い時間がかかってしまうことがあります。交通事故が原因で後遺障害が残るような場合は、後遺障害認定を受けないと行けないので、それまでの間時間が必要です。交通事故による怪我で後遺障害が出るのは、事故からだいぶ時間が経ってからということも少なくありません。

最初は大丈夫と思って示談交渉に応じ、示談が成立してしまうと、後から症状が出ても、既に示談は成立してしまっているのでどうにもなりません。弁護士が介入すると、簡単に示談に応じることはありません。示談が成立しなければ裁判になるので、被害者にはさらに有利になります。

関連HP|示談交渉相談_交通事故被害者救済サイト